NINE LEAVES ANGEL'S HALF (American Oak Cask) - ナインリーヴズ エンジェルズハーフ(アメリカンオークカスク) -

NINE LEAVES ANGEL'S HALF (American Oak Cask) - ナインリーヴズ エンジェルズハーフ(アメリカンオークカスク) -

レギュラー価格 ¥6,480

お酒は二十歳になってから!
未成年者への酒類の販売は固くお断りしています!

王道、しかし新機軸

ラムのボトルの王道感とは一体なんなのでしょうか。

それは、ラムが16世紀頃にカリブ海に現れたサトウキビの蒸留酒で、その生い立ちが連想させる印象。つまり、広大なサトウキビ畑の大地、大航海時代へのノスタルジー、絞り出されたサトウキビの糖蜜とその結晶。これらの印象の集約なのではないかと私は常々思っています。

確かに、それは、間違いない印象だとおもいます。しかし、そこから5世紀あまりたった今は21世紀。その王道感に新しさを備えたそんなラムが日本のラムにもあっていいのではないのでしょうか。そこでご紹介する一品が「ナインリーブズ エンジェルズハーフ」です。

 

 

ラムの天使のおすそ分け。

樽熟成ラム「エンジェルズハーフ」は、「ナインリーヴズ クリア」を2013年夏よりアメリカンオーク樽とフレンチオーク樽に詰めて熟成させた2種類の樽熟成タイプのラムです。 暑い日本の夏と厳しい山の寒さを乗り越えたラム酒は原酒の香味、存在感をしっかりと残しながら、 それぞれの樽の特徴を引き出したものとなっており、初出荷分はナインリーヴズにとって貴重な「天使のおすそ分け」になりました。

そして、自然と時間の流れへの感謝の気持ちを表すのと同時に、ラム酒としては世界的にも珍しい新樽を用いた手を加えていない、そのままのシングルカスクの商品であることから「エンジェルズハーフ」と命名されたとのことです。(公式資料より引用) 

テイスティングノート

ノージング:オークの丸太を思わせる重厚な樽香が特長。舌に程よく絡む甘みとバニラとともにかすかにサトウキビ由来の青み。原料由来のアッサリとした感触が、高アルコールとともに駆け抜ける。
香り:マーマレード、トースト、キャラメル
味わい:メイプルシロップ、ローストナッツ、コーヒー
フィニッシュ:際立ったキャラメル、スモーキーさ、心地よい苦味

(公式資料より引用)  

    デザインノート

    恐縮ながら、弊店の運営元BREWのデザインによるNINE LEAVES ANGEL'S HALFです。ついに「ナインリーブズ」からゴールド・ラム(樽熟されたラムの総称)がでるとうかがい、ラムの王道感というものをどれくらい取り入れたものにすべきか、担当のデザイナーとかなり話し合った記憶があります。また、たまたま、お邪魔した京都の「Rum and Whisky」にて、いくつものボトルを拝見して、熟成をどのように各ブランドが表現されているかも拝見いたしました。ラムが生まれ持つ印象を引き継ぎつつ、新しい流れを取り込むことができればと、かなりCLEARからの印象も取り込み、ブランド感とのバランスもとらせていただきました。(店主:景山) 

    Art Direction: Yasutaka Kageyama

    Design: Hiroyuki Horikoshi

    Photo: Mitsuhiro Okuyama

    ------

    アルコール度数:50度

    産地:日本

    容量:700ml

    価格:¥6,480(消費税8%込み)

    -----

     ※随時の出荷のため、ご注文いただいてから到着まで最大7日ほどかかる可能性がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

     

    カートボタンへ